五五雑記

日常のあれこれを書き綴っていきます

電子書籍タブレットBOOXを触って来ました

店舗で実機を体験

近くの大都市でBOOXの実機が販売されていることを知り、5月の連休を利用して行って来ました。

カフェが併設されているオシャレな大型書店で、中国の大都市ではよく見かけるタイプです。

最初に訪問した店舗では、親切の裏返しで店員が付きっきりでちょっと煩かったこともあり、改めて別の店舗でも自由に触りました。

別店舗には25.3型ディスプレイ Mira Pro も展示されてました

実機を触った感想

最新の7.8インチカラータイプのNova Air Cも含めて、ひと通りの商品が展示されていました。

主に13.3インチの最新機種MAX Lumi2を触ってみた印象です。

ユーザーインターフェースは、用途が特化されているKindleと比較するとやはり複雑でしたが、触っているうちにまあまあ慣れました。

Kindleと並べて比較すると違った感想もあるかもしれませんが、電子書籍ページ送りは活字本も漫画も問題ありませんでした。

Webブラウジングは活字記事を読む程度であれば実用に耐えます。

動画は最初から期待していませんでしたが、記事に埋め込まれた動画をちょっと見る程度の用途であれば大丈夫でしょう。

日本語IMEがなかったので中国語IMEでの評価ですが、タイピングの変換スピードは問題無しです。

総じて期待以上でした。

13.3インチで哔哩哔哩漫画を読む。
大画面で老眼にやさしい。

10インチか13インチか

実機に触る前は10.3インチのNote Air2しか頭にありませんでしたが、MAX Lumi2が画面の大きさに比して想像よりも軽くて13.3インチに強く惹かれました。

ただ、69,800円に対して119,800円となにしろ50,000円の価格差ですからね。

同社製品初購入ということもあって、やっぱり腰が引けてしまいます。

ここはやはり当初思惑通りiPad Airの代替機として、10.3インチを購入したいと思います。

ONYX社はちょうど明日新製品発表を控えているので、更なるバージョンアップをちょっと期待しています。

左から10インチ、13インチ、そして7インチ。
Kindle Oasis相当の7インチ、ちっちゃすぎ。

 

電子書籍用タブレットを購入したい

iPadの使い過ぎが眼に悪影響を及ぼしています。

retire-zakki.hatenablog.com

活字本はKindle Oasisでまだ大丈夫のようですが、雑誌や漫画はやはり7インチではしんどいです。

10インチのKindleがあればなあ。

そう思って調べて見たところ、10インチの電子書籍タブレットがいくつか見つかりました。

墨案(Moaan )inkPad

まず中国のネットストアを検索して目に付いたのが、この小米系のベンチャー企業

Kindleと同じくE Inkを採用したAndroidベースのタブレットです。

ただ、中国版Kindleアプリはもちろん対応していますが、日本語書籍の閲覧は難易度が高そうなので見送りました。

www.moaansmart.com

博阅(Boyue)Likebook

日本語書籍が読めるタブレットはないか。

Amazonを検索して出て来たのがLikebookです。

レビューによるとGoogle Playにも対応しており、10インチもラインナップされているようです。

期待を持って中国サイトを検索しましたが、商品自体は数点見つかるものの公式ストアがどこにもありません。

どうやら色々と問題をやらかして、2021年末に上場廃止したらしいです。

中国ベンチャーにありがちな顛末ですね。

サポートに不安があるので、これも見送りました。

www.boyue.com

文石(ONYX)BOOX

最後に行き着いたのはBOOXです。

海外向けの公式サイトもあり、日本語でもTwitterで積極的に情報発信しています。

Kindleはもちろんですが、dマガジンやDMMブックス、ジャンププラスなど他の書籍アプリの実績も確認できました。

早速、最新の10インチモデルNote Air2の購入を検討しましたが、中国国内では前世代モデルしか販売されていないようです。

いずれにせよ中国国内でのGoogle Playアクティベーションは文字通り壁が高いですし、荷物を増やしたくもありません。

日本でのサポートも受けたいので、購入はひとまず帰国を待ちたいと思います。

twitter.com

Kindle unlimitedで読んだ無料本(2022.04.29)

Kindle unlimitedで読んだ無料本の感想を備忘録代わりに並べます。

島田雅彦『簡潔で心揺さぶる文章作法 SNS時代の自己表現レッスン』

筆不精や遅筆の改善にちょっとでも役に立つかなと思って読みましたが、今のわたしには必要のない本でした。当面は質より何より量が大事。

本田静六『私の財産告白』

日本の著名投資家のベストセラー。序章の「私の略歴」と目次をざっと眺めただけで終わりました。温故知新は否定しませんが、時間は限られているので他に読むべき本を優先します。

ちきりん『Vol.1 賃貸か購入か キンドル・リノベシリーズ (ちきりんブックス) 』

賃貸か持ち家かの論争が絶えないのは「みな自分の決断に自信がもてないからでしょう」という冒頭の言葉はその通りで、賃貸派のわたしも迷っているところです。結局のところ解決方法は、高齢になって賃貸契約が困難になった場合や、病気で一人暮らしが困難になった場合に備えて十分な資産を形成しておくことでしょうね。

ミニマリスト SHINYA 他『ミニマリストになって、モノを捨てたら「お金」と「時間」が増えた!: 【ミニマリストの入門書】』

帰国後の通信費の選択のひとつとして「クラウドSIM」というのが存在すること。高額医療費制度の負担上限額は全世帯一律と思っていたけど、住民税非課税世帯だと上限35,400円/月だということ。この2点は今回初めて知りました。

モノを捨てることは、コトの取捨を上手くやることにもつながるというのは納得。

あまのさくや『32歳。いきなり介護がやってきた。』

やがて来るかもしれない両親や自分自身の大病や痴呆と介護。しんどい。ただ、著者の家庭は金銭的には恵まれているという印象。リタイヤ後も両親への仕送りは継続せざるをえないわたしとは、そこが大きく違います。

「誰よりも病気に苦しめられているのは父自身だ」という言葉は当たり前だけど、訳の分からない言動にイライラさせられない自信はありません。

 

ところで、Kindle Oasis 3を中国で使用 - 五五雑記 という2020年8月の投稿で、「中国ではアマゾンジャパンで購入した電子書籍データをKindleに直接ダウンロードできない」と書いたことがありますが、今回はダウンロードできました。帰国間近になって今さらですが、使い勝手が非常に良くなっています。

疲れ目がまた酷くなりました

慢性的な眼精疲労

元々の近視と乱視に加えて、40代半ばからの老眼の進行も加わり、目の疲れに慢性的に悩まされています。

コロナ下で一時帰国もままならない状況では、眼鏡の更新も思うようにできません。

難しい眼なので、中国、しかも田舎町の眼科もメガネ店もしっくりこないんですよね。

retire-zakki.hatenablog.com

retire-zakki.hatenablog.com

欲に眼がくらんだ結果

最近、この目の疲れが一段と酷くなりました。

某有名漫画の期間限定全話無料キャンペーンに釣られて、連日長時間iPadをにらみ続けたのが効きました。

気付いたときには手遅れで、目の痛みだけでなく、目のかすみに視力の低下にまで苦しめられています。

強欲のあまりまた健康を失ったわけです。

疲れ目対策

続きが非常に気になるんですが、まだ半分しか読んでいない無料漫画の閲覧はひとまず断念せざるを得ませんでした。

眼鏡は帰国後に更新するとして、その他の恒久対策も必要です。

ネットサーフィンに音楽に動画に雑誌にと、手元で気軽に楽しめるiPadをこれまで重宝していましたが、もう限界のようです。

音楽は引き続きiPad、動画はPCモニタで楽しむとして、他は別のデバイスを検討することにします。

石黒成治『医師がすすめる 少食ライフ』

帰国後の食生活を考える

現在、朝食は自分で用意していますが、平日の昼食と夕食は会社の食堂で摂っています。

時間も手間もかからないメリットは大きいですが、やはり自分の理想とする食事とはギャップがあります。

帰国後できるだけ手間とお金をかけずに健康的な食事が摂ることを目的に、Kindle unlimited でこの本を読んでみました。

健康法については異論が多いのは承知していますが、ここに書かれている主張は癖があまり強くなく、全般的に納得感があるため、 読了後はまんまと Youtube に誘導されて動画も見る羽目になっています。

考えたこと

以下、本書を読んで考えたことをだらだらと書き綴ります。

分解・吸収されて初めて栄養になる

私たちの体には何を食べたかよりも、何をどれだけ分解して、どれだけ吸収できたかの方が重要です。

例えば体に良いとされているタンパク質は年齢を重ねると分解することが難しくなるらしいです。

沖縄の高齢者の食生活の中心は野菜やサツマイモ等で、タンパク質や脂質は少なめという例が挙げられています。

特に動物性タンパク質である肉を食べ過ぎると便や体臭がきつくなるというのはよく聞く話で、歳をとって肉断ちした芸能人の記事を以前見たことがあります。

もちろん肉は肉で栄養はあるんでしょうから、何にせよバランスが大事ですね。

脳レベルのデトックス

ここでは 2つのデトックスを考える必要があります。ひとつは細胞レべルでのデトックス、もうひとつは臓器レベルでのデトックスです。…さらにもうひとつは脳です。

「心が不安でたまりません。安心させて下さい」から始まる有名な禅の講話があります。

形のない心の悩みからの解脱は、理届は分かっていても凡人には難しい境地ですね。

ただ、仕事を辞めてリタイアすると「嫌なことをやらなきゃならない」「嫌な人に会わないといけない」、四苦八苦のひとつ「怨憎会苦」はずいぶん軽減されるような気はします。

胃結腸反射

食事を食べるとすぐに排便したくなるのは腸の動きがとてもいいサインです。

わたしは胃結腸反射がとても良く、朝食後と昼食後の一日 2 回排便することがよくあります。

トイレ環境が良くない中国の田舎町では外出先での大便は死活問題になる場合もあって、嬉しいことだけではないですが。

ただ、毎日排便していても、それが1日前食べたものではなく1週間以上前に食べたものである場合は要注意。

今もやってますが、便の状態は毎日観察して行きます。

水分摂取

腎臓に最もダメージを与えるのは脱水です。脱水で血液量が減少しないように水分摂取を怠らないことは重要です。

日本では会社でミネラルウォーターやお茶や缶コーヒーを買う毎日でした。

中国に来てからは、緑茶・烏龍茶・ジャスミン茶等の茶葉や枸杞子・紅棗・菊花等の養生茶を試して来ましたが、現在は普通の水やレモン水をたくさん飲むという形に落ち着いています。

冷たい水ではなく常温の水に慣れたのは大きな収穫で、無料のウォーターサーバーが設置されているらしい本社では節約できそうです。

深呼吸

しっかり深い深呼吸を行っておくと、体を常にアルカリ性の方向に導くことができます。

体が酸性に傾くことが多くの慢性疾患の原因で、深呼吸にはその予防効果があるらしいです。

仕事に集中していると、つい1時間、2時間とパソコンに向かったままということがあります。

意識して席を立つ、ちょっとだけでも歩く、深呼吸をする、 ストレッチをする、マスクの下で表情筋トレーニングをする等、とにかくただ座りっぱなしを避けるよう習慣付けます。

ただ、日本のオフィス内で活動的過ぎると、コロナウイルス感染リスクが増えるんじゃないかとちょっと心配しています。

少食のすすめ

体を損なうものは己の欲が原因であり、とくに飲食の欲を我慢することが最も大事。 食事を適量にして、飲みすぎず食べすぎず、食後には必ず数百歩歩くこと。

貝原益軒の『養生訓』の考えを引いて、ようやく本題の「少食」について語り始めるのが「第3章」です。

アラフィフにもなると、やはり食べられる量が減っていることは自覚しているんですが、食欲自体は全く衰えていないので、特に外食では必要以上に注文して食べ過ぎて後悔するということがよくあります。

それから、タバコや市販の飲料水は比較的容易に断つことができましたが、ポテチやチョコ等のスナック菓子がなかなかやめられません。

「マイルドドラッグ」 というやつです。

ちょっと立ち止まって「注文しない」「買わない」を心掛けます。

筋トレの注意点

30代以降で最も大事なことは筋力を維持しながら、決して関節を傷めないことです。

2年ほど前、大胸筋のトレーニングで負荷をかけ過ぎて肋軟骨を痛めてしまったことがあります。

その一瞬、 胸にキーーーンという鋭い痛みが走り、やってしまった!という不安に襲われました。

幸い損傷の程度は軽度のようでしたが、今でも時折軽い痛みがあるため、今ではプッシュアップしかやっていません。

この教訓から筋トレは自重トレ中心にシフトしました。

以上